考えを整理するときに便利な横ツリー表示ができるアプリ「Tree 2」

この記事の所要時間: 439

tree201

前回、Macアプリランキングをご紹介いたしましたが、その中で気になるアプリがありました。

そのアプリはランキング5位となっていた「Tree」。

このアプリの特徴は横にのびるツリー表示ができるアプリ

横にのびるツリー表示ができるアプリは珍しく、この機能があるアプリを待っていた人も多いのではないでしょうか。

実際、App Store全アプリの中でランキング5位となっていますので、かなりの人がダウンロードし使用しているいるのではないかと思われます。

私もランキングをご紹介するまでは「Tree」を知りませんでしたが、面白そうなアプリなのでもう少し詳しくご紹介いたします。

以下、メーカーサイトより

Tree, 横にのびるアウトラインプロセッサ。

アイデアの断片やキーワードなどを項目として書き出しながら、ツリーの展開と整理を繰り返すことで、アイデアや計画の構想、情報の整理をアシストします。集中すべきことに集中できるよう、軽快な動作と操作性を心掛けています。

便利すぎるツリー表示機能

tree2070901

ツリー表示では、横にのびる樹形図を利用して、アウトラインをより直感的に扱うことができます。

このツリー表示と従来からのリスト表示を切り替えながら編集可能です。

例えば、アイデアの蓄積、ワークフローの考案、サイトマップ作成、ウェブサイトの構成作成、システムの仕様、資料作成など、自分の考えを整理するときに非常に使えるアプリです。

タブバー搭載

tree2070902タブバーの右端に新しいボタンを追加。

項目を選択してこのボタンをクリックしてみてください。

すると項目の中身が新しいタブの中に表示されるので他の部分にわずらわされることなく注目しているところのみに集中することができます。

標準テキストとリッチテキスト

新しいファイルタイプを追加し、プレーンな標準テキストに加え、複数のフォントやスタイル(ボールド、アンダーライン、イタリック)に対応したリッチテキストを扱えるようになりました。

例えば、白黒で印刷するために文字装飾を行いたい場合や、他言語のフォントを使う必要があるときには、それぞれの単語に異なるフォントとスタイルを使うことができます。

書類のテキストフォーマットはフォーマットメニューから切り替えることができます。また、環境設定から新規書類のテキストフォーマットを変更することもできます。

入出力

これまで蓄積してきた標準テキスト(.txt)、リッチテキスト(.rtf)、OPML 1.0の書類をTreeで開いて利用することができます。

Treeで作成した書類を他のアプリケーションで利用したいときには、標準テキスト、リッチテキスト、Word 2007 フォーマット(.docx)、OPML 1.0として書き出すこともできます。

そして、新しく「ファイル」メニューに追加された「PDFとして保存…」から、プリントパネルを介さずにPDFとして保存することもできます。

チェッックボックス、ノート、ナンバリング、カラーラベル

tree2070903Todoやリストをチェックして管理できる”チェックボックス”、項目への付加情報などを書き留められる”ノート”、自動で各項目に番号を振る”ナンバリング”、そして、項目に付けることができる”カラーラベル”。

tree2070904

「スペルと文法」と「自動置換」

「スペルと文法」では、OS X に組み込まれているスペルチェックサービスを利用して、スペリングをチェックできます。

使用するには、メニュー「編集」>「スペルと文法」>「スペルと文法を表示」を選択して、スペルと文法パネルを表示します。

「自動置換」では、例えば、「スマートリンク」をONにしておけば、タイプしたURLは自動でリンクになります。また、書類上のURLのすべてをリンクにしたいときには、

  1. メニュー「編集」>「自動置換」>「自動置換を表示」を選択
  2. 表示された自動置換パネルで、「スマートリンク」のチェックを確認
  3. 「すべて置き換える」をクリック

これで認識されたすべてのURLにリンクが追加されます。

標準テキストを選択しているときには、「スマートリンク」をONにしただけで、認識されたすべてのURLがリンクになります。

軽快な動作と操作性

環境設定から、基本的なキー操作(returnキー/deleteキー/tabキー)も好みに合わせて調整可能です。

集中すべきことに集中できるよう、軽快な動作と操作性を心掛けています。

Mac のための App

Tree は OS X の 「バージョン管理」、「オートセーブ」、「再開」、「フルスクリーン」 に対応しています。

考えを整理するときに便利な横ツリー表示ができるアプリ「Tree 2」 まとめ

如何だったでしょうか。

横ツリー表示は考えをまとめる方法として、手書きという選択肢もありますが、読みにくかったり、書いた紙をなくしたりと管理が面倒な場合があります。

しかし、Tree 2を使えば当たり前ですが綺麗に表示され、アプリを削除しない限りはなくすこともありません。

修正も可能なので、アイデアや情報を整理しながら追加していくことが簡単に出来ます。

近々、実際の使用レビューもご紹介できればと思います。

気になる人は是非使ってみてください。