Apple WWDC 2016で何が発表されたのか?まとめ

この記事の所要時間: 622

2016wwdc

現地時間6月13日(日本時間6月14日)、Appleは開発者向けイベント「WWDC 2016」を開催しました。

すでに速報としてアップしていますが、Apple Watch向けのOS「watchOS 3」やMac向けのOS「macOS Sierra」を正式発表しました。

その他にもiPhone、iPod touch、iPad向けのOS「iOS10」、Apple TV向けのOS「tvOS」などが発表されています。

watchOS3

watchos01

Apple Watch向けのwatchOS「watchOS3」が発表されました。

【主な発表内容】

  • アプリの起動時間が7倍速くなった
  • 「Dock」を搭載し、起動中のアプリを表示。スワイプでアプリを切り替えできる。長押しで緊急通話が可能。
  • 新たに「コントロールセンター」追加。上方向にスワイプすると表示。メッセージの返信オプションなどが可能。フェイスにミニーマウスが追加、また新たなウォッチフェイスを追加
  • 手書き機能が新搭載。英語と中国語に対応。
  • アクティビティの共有が可能。
  • 新アプリ「Breathe」: 深呼吸を促す新たなアプリつ追加追加

開発者向けプレビュー版は今日から、一般向けは秋ごろのリリースとなっています。

macOS Sierra

macos_sierra01

以前から噂されていた通りOS Xの名称が「macOS」に変更になりました。

次期macOSは「macOS Sierra」となります。

Apple WatchやiPhoneなど、他の端末を利用した新機能が搭載。

【主な発表内容】

  • Auto Login:手首に着けた「Apple Watch」を使って自動的にログイン可能。
  • Universal Clipboard: MacやiOSなどの端末でクリップボードの内容を共有可能。テキストの他に写真や動画も共有可能。
  • iCloud Drive: macOS搭載のMacのデスクトップのフォルダを、他のmacOSやiOS端末にも共有可能。
  • Optimize Storage:使っていない不必要なファイルを自動で選別してiCloudに移動し、空き容量を増やすストレージ管理機能
  • Apple Pay:ウェブでの決済に対応。Macから「Apple Pay」を選択すると、自動的にiPhoneのTouch IDが起動して認証。
  • タブ化:すべてのアプリのタブ化が可能。
  • Picture in Picture: 動画などを画面の最前面で小窓表示可能。
  • 「Siri」搭載:SiriでMac内のファイル検索や、音楽プレイなどができる。検索結果から作業中の資料への挿入や音声入力でメッセージの返信も可能。

開発者向けプレビュー版は今日から、パブリックベータは7月から、一般向けは秋ごろのリリースとなっています。

iOS10

ios10

iOSの新バージョン「iOS10」では、過去最大の10の新機能を発表!

新しいUIとなり、Siriは噂通りサードパーティに開放されます。
また、アップルのiOS10 beta向けのサポートドキュメントで、一部の純正アプリが削除可能になります。

【主な発表内容】

  • 使いやすく:持ちあげるだけでロック画面の解除が可能に。
  • Siri:サードパーティへの開放。メッセージアプリ、フィットネス系アプリ、写真アプリなど様々なアプリに対応
  • キーボード強化:予測変換の精度が向上。メッセージの入力時に、Siriがユーザーの入力候補を提示
  • 写真:顔や背景などを認識して自動でカテゴリー分けする。撮影した動画を自動で編集して生成する機能を追加。新機能「Memories」では日付や人などで詳細な検索が可能に
  • マップ:スケジュールから移動先を示したり、検索結果から細かい条件でフィルターできるように。ナビゲーション機能も向上。リアルタイムな交通情報を取得できる。さらにサードパーティに開放。
  • Apple Music: UIを大幅に刷新。歌詞表示に可能に。
  • ニュース: 定期購読オプションを追加。
  • Home:アプリ HomeKitが単体のアプリに。
  • 電話機能改善:Siriが留守番電話を自動でテキスト化。知らない番号からの電話を検索して発信者情報を表示。
  • メッセージ:iMessageで画像を送信可能に。カメラボタンタップでアプリを切り替えずにリアルタイムで撮影、送信が可能。絵文字は従来より3倍大きく表示可能、入力した文字をタップして絵文字に変換する機能も搭載。吹き出しに特殊効果、送られたメッセージにアイコンでリアクション、メッセージの手書きなど、多くの新機能を搭載

開発者向けプレビュー版は今日から、パブリックベータは7月、一般向けは秋ごろのリリースとなっています。

また、iOS 10対応機種は下記となります。

iPhone

iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5

iPad

iPad Pro 12.9インチ、iPad Pro 9.7インチ、iPad Air 2、iPad Air、iPad 第3世代、第4世代、iPad 2、iPad mini 4、iPad mini 3、iPad mini 2、iPad mini

iPod

iPod touch 第5世代、第6世代

tvOS

tvos

Apple TV向けのOS「tvOS」は、Apple TVを操作するためのiOS向けリモートアプリを一新。

Siriでの音声操作が可能に。

またDisneyやCBSなどの新しいライブチャンネルが追加。

【主な発表内容】

  • iOS向けのリモコンアプリ: iOS向けのリモートアプリリリースで、Siriで音声操作が可能。カテゴリ別での検索機能も追加し、Youtubeの検索も可能に。
  • 「Live Tune」機能: 現在生中継されているコンテンツの内容をSiriで検索可能に。
  • ライブチャンネル:DisneyやCBS、ESPNなど新たなライブチャンネルの追加。
  • コントローラー:新しい4つのコントローラーに対応予定。
  • Single sign-on: サインオン機能を修正した新機能。iPhoneやiPadなどでアプリをダウンロードするとApple TVにもアプリがダウンロードされる。
  • その他:ゲームプレイを録画できる「ReplayKit」、iCloudの画像にアクセスできる「PhotoKit」などを搭載。ダークモードや自動ダウンロード機能も搭載。

Apple WWDC 2016まとめ

WWDC 2016での発表を記事にまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

多くの機能が搭載され、さらに使いやすく。

個人的には次期macOSの「macOS Sierra」を使ってみたいと思っています。

ただ、今回の発表はOSのみでハードウェアはなし。

噂になっていた新型MacBook Proや新型Thunderbolt Displayの発表もなく、ちょっと残念でした。

次はiPhone7の発表が予想されますが、その時には新型MacBook Proや新型Thunderbolt Display、さらには新型MacProの発表を期待したいと思います。