新型Thunderbolt Displayは独自GPUを搭載して発表される?

この記事の所要時間: 27

Apple Thunderbolt Display27

先日、技術的なことからThunderbolt Displayの5K対応は難しいのではないかと記事を書きましたが、新情報が入ってきました!

その情報とは独自のGPUを搭載した「5K Retina Thunderbolt Display」が年内に登場する可能性が高いと話題を呼んでいます。

本当に発表・発売になれば5年ぶりのThunderbolt Display新作となります!

5K Retina Thunderbolt Displayは本当?

先日、世界各地だThunderbolt Displayの在庫切れが発生していると書きました。

そして技術的なことからThunderbolt Displayの5K対応は難しいとも書きました。

しかし、世界的に有名なニュースサイト9to5Macの情報によるとアップルは2016年後半に5K Retina Thunderbolt Display」を発表する可能性があるというのです。

技術的な問題は解消したのか?

5KThunderbolt Displayを使用するためにはThunderboltケーブルは複数使う必要があるなど技術的な問題がありましたが、Appleは別の方法で解決したとも報じられています。

その方法とは独自GPUをディスプレイ側に搭載すること

そしてUSB-Cを使用したThunderbolt3を搭載モデルを拡充させていくこと。

独自GPUをディスプレイ側ん搭載することで、MacBookなどのGPUが5K出力の基準を満たしていない機種でも問題ありません。

それにMacの薄さも維持できるというメリットもあります。

これが実現すると、きっとお値段も高くなるのではないと予想がつきます。

しかし、Thunderbolt Displayの進化を待っていたユーザーなら、きっと購入してまうんだろうなーとも思います。

Thunderbolt Display 5Kまとめ

数日前まで、Thunderbolt Display 5Kは出ない可能性が高いと言われていましたが、ここにきて発表・発売が現実味をおびてきました!

でも、あくまで予想やリークで正式発表ではありません。

果たしてどんな発表・結果になるのか?

発表までドキドキです。

発表まで色々な情報が飛び交うと思いますが、楽しみにしていましょう!