レンアイ漫画家

レンアイ漫画家出演の吉岡里穂はどんな役?過去のドラマと映画出演作は?

レンアイ漫画家吉岡里穂

明るい笑顔が印象的な吉岡里穂は、ドラマやCMでおなじみのお茶の間の顔とも言っていいような人気の女優さんです♪

この度彼女が新しいドラマ「レンアイ漫画家」に出演するという情報をゲットしました!

一体彼女はこの作品でどんな役を演じるのか、調べてみました!

レンアイ漫画家:吉岡里穂プロフィール

吉岡里穂は、京都太秦に生まれた1993年生まれの女優です。

太秦といえば、時代劇の映画村や、映画会社の撮影所などを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

そのイメージ通りと言うべきか、吉岡里穂は映像会社を営む父親のもとに生まれました。

母親や祖母の影響を受け、幼い頃より多くの芸術文化に触れて育ったようです。

映画はもとより、演劇、歌舞伎、能から日舞、なんと落語も嗜んでいたといいますから、その豊かな文化的素養に驚きますね!

 

学生時代は勉強やアルバイトにいそしみながら過ごしましたが、高校三年の時に転機が訪れます。

人手が足りないからと頼まれた映画「天地明察」のエキストラとして出演したことをきっかけに、吉岡里穂は俄然演技に興味をもちはじめます。

同時期に舞台「蒲田行進曲」などを見た吉岡里穂は、作品のパワーに大感動。

なんとすぐに自分を仲間に加えてほしいと、交渉しに行ったといいます。

惜しくもこの時は門前払いされたそうですが、すごい行動力ですね!

やはり頭一つ二つ抜きん出る人は、決断と行動がスピーディーなのでしょう!

 

演技の世界に魅せられた彼女は、その後高校三年生ながら俳優養成所に通いはじめ、自主映画などにも積極的に参加していきます。

最初は地元京都で活動していましたが、映像の世界は東京が主体に制作されていることに気づいた彼女は、東京の養成所でもレッスンを受けるようになります。

アルバイトをいくつも掛け持ちして費用を調達し、足掛け5年も京都と東京を往復する生活を続けたといいますから、本当にガッツがある女性なんですね!

とてもハードな生活だったのではないかと思いますが、思うところがあったのでしょう。

 

よりチャンスをガッチリと掴みたいと考えた彼女は、養成所から所属を芸能事務所エー・チームに移します。

この時のエピソードには、「めちゃくちゃ働いてここの看板女優になる」と社長に直談判したといいますから、桁外れの情熱を感じますね!

そこからはそのガッツと情熱をバネに、多くのオーディションを受けてチャンスを得ていきます。

知名度を上げたのは2014年に発売された雑誌のグラビア。

抜群のプロポーションで、多くの人から注目されたようです。

 

その後は2015年に「マンゴーと赤い車椅子」という作品で映画デビューを果たし、「幕が上がる」などで次々に映画に出演していきます。

2016年にはNHKの連続テレビ小説「あさが来た」にも出演するようになりました。

2017年にはブレイク女優ランキングで一位に輝き、数々の新人賞を得ることに成功しています。

あまりドラマや映画も見ない人でも、インスタント食品のCMで吉岡里穂が演じる、かわいらしいキツネの女の子「どんぎつね」はよく見た事があるかもしれませんね♪

レンアイ漫画家:どんなドラマ?


レンアイ漫画家は、講談社のモーニングという漫画雑誌で2011年から2012年まで掲載されていた、山崎沙也加による漫画が原作のテレビドラマです。

タイトルに「レンアイ」とついているから、スイートな雰囲気の蝶や花が舞っているようなお話なのかな?、と勝手に思い込んでいましたが、どうやらそうではないよう様子…!

ドラマ「レンアイ漫画家」は、ひょんなことから「疑似恋愛」のミッションを課されるヒロインの物語です。

好きでもない人と疑似恋愛するなんて、ちょっと無理ゲー、勘弁して!、と思ってしまう人も多いかもしれませんね。

 

でもこのドラマのヒロイン、久遠(くおん)あいこは、果敢にもそのミッションに挑戦します!

それは初恋の人の遺児の今後がかかっているからでした…。

この無理ゲーを課す男性と出会うのは、あいこが昔大好きで憧れていた初恋の男性の葬儀の場。

この初恋の男性には、幼い一人息子が残されていましたが、大人たちはこの子の今後の世話について消極的なようです。

揉める大人たちを前に、初恋の人の遺児の行く末を心から心配するあいこ。

 

実は亡くなった憧れの男性には、兄がいて、その兄がその子を引き取ると言い出します。

これで安心かと思いきや、ちょっとクセのありそうなその兄は、あいこにある取引をもちかけます。

実はこの兄は、れっきとした男性なのですが、女性名で少女漫画を描いている漫画家でした。

しかも売れない漫画家ではなく、少女漫画の金字塔とまで称される大ヒット作品を掲載している天才漫画家。

売れてる天才漫画家なんて結構じゃないのと思いますが、ずば抜けた才能ゆえにか、彼の発想や思考もかなりブッ飛んでいるようです。

 

この変人…いや、風変わりな漫画家が、弟の遺児を引き取る代わりとして、あいこに「俺のためにレンアイしろ!」と命令を下すのです。

人づきあいが苦手な自らの漫画のネタにするために、あいこに疑似恋愛しろ、というミッションを課したわけです。

自分の漫画の糧にするために、あいこに無茶ぶりなミッションを課すなか、お互いが気になっていく二人。

疑似恋愛といっても、そこは妙齢の女子、疑似恋愛相手に恋に発展しそうだったり、しなさそうだったりのシーンもあり…。

「もう疑似恋愛したくありません!」と叫ぶあいこに、きっと視聴者も胸が苦しくなるのではないでしょうか。

コミカルな中にも切なくなるシーンもあり、本当に見ている側からすると、ドキドキハラハラします。

 

微妙に惹かれ合いながらもトントン拍子とはいかず、あいこと漫画家の間にはいいところで邪魔が入ったりと、物語は視聴者をドキドキさせながら進んでいきます。

二人の仲は、進展するのかしないのか…?

離れそうで離れない、くっつきそうでくっつかない、つかず離れずの関係って目が離せませんよね!

惹かれ合う二人が共に居るのは自然なこと、と思えるような素敵なラブコメドラマになっています♪

 

レンアイ漫画家:吉岡里穂はどんな役?


吉岡里穂は、周囲から「ダメ男ホイホイ」と呼ばれているヒロイン、久遠あいこを演じます。

「ダメ男ホイホイ」なんて、女性にとってあまりありがたくない呼称ですが、一体なぜそう呼ばれているのか気になってしまいますね。

人づきあいの苦手な引きこもりの男性漫画家から「疑似恋愛しろ」と命令され、それを受けてしまう役どころ、と聞くとさもありなん…、とも感じてしまいますが、久遠あいこは、本当にダメ男ホイホイなのでしょうか…?

久遠あいこは、父親をなくした子供を心から心配するような優しい女性。

その子供の前で今後のことについて揉める親族に、「子供の前で話すことじゃない」、とはっきりと自分の意見を言える、凛とした正義感の強い女性でもあります。

そう、やるときはやる、それが吉岡里穂演じる久遠あいこです。

だから、恋愛漫画家なのに恋を知らない男性に「下僕になれ」、と無茶ぶりされても、それに食らいついていくのです…。

下僕になれ、なんてなんだか穏やかでない雰囲気ですが、吉岡里穂は明るくはつらつとしたヒロインをポップに演じ、ドラマをテンポの良いラブコメテイストにしています。

 

レンアイ漫画家:過去のドラマと映画出演作は?

吉岡里穂は、数多くのドラマや映画に出演しています。

NHKの連続テレビ小説「あさが来た」ではヒロインオーディションには落選したものの、ヒロインの娘の親友役に抜擢。

ほかにも民放では、「ゆとりですがなにか」、「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」「カルテット」でレギュラー出演を獲得しています。

声だけの出演もしていて、宇宙が舞台の「40万キロかなたの恋」では、宇宙船に搭載されたAIの声を担当しました。

彼女の快進撃はまだまだ止まらず、美少女タレントの登竜門とも言われている結婚情報誌「ゼクシイ」のCMにも起用され、そのほかにも複数のCMで起用されています。

CMのクオリティは、タレントのイメージが命と言っても過言ではありません。

吉岡里穂のはつらつとした健康的なかわいらしさに、数多くの企業から多くのオファーがあったのでしょうね♪

映画では「幕が上がる」で演劇部に属する高校生を、「明烏(あけがらす)」ではホストクラブの料金が支払えない女性を、「パラレルワールド・ラブストーリー」では主人公に想いを寄せられるヒロインを、「見えない目撃者」では視力を失ったヒロインという難しい役どころを演じています。

 

レンアイ漫画家:過去の見逃し配信はある?

吉岡里穂の出演している作品を見逃してしまっていたとしても大丈夫です、チャンスはあります!

無料動画配信TVverで、「ゆとりですがなにか」や「40万キロかなたの恋」を視聴することができます。

また、彼女が出演しているバラエティ番組も、動画配信されています。

吉岡里穂の親しみやすい普段の顔が見られる、彼女が出演した「鶴瓶の家族に乾杯」も、見逃した人やもう一度見たい人は、U-NEXTに登録すると視聴することができます!

U-NEXTでは31日間お試しキャンペーンも実施していますので、気軽に申し込むことができるのが嬉しいですね♪

 

レンアイ漫画家出演の吉岡里穂はどんな役?過去のドラマと映画出演作は?まとめ

吉岡里穂は、疑似恋愛ミッションを遂行する、という無茶ぶりに果敢に応える役でした!

演技にかける熱い情熱を持つ彼女ですから、きっと素敵にヒロインを演じてくれることでしょう。

ドキドキ、ハラハラ、ちょっとホロッ、の新ドラマに期待です♪

 

あわせて読みたい

レンアイ漫画家 鈴木亮平
レンアイ漫画家出演者の鈴木亮平はどんな役?過去のドラマと映画出演作は?

こんにちわ。毎日昼間が暑い日が続きますね。 いつもバタバタとしていてゆっくり外をみることがなかったわたしですが、昨日仕事 ...

続きを見る

レンアイ漫画家
レンアイ漫画家のロケ地や撮影場所はどこ?目撃情報や口コミも合わせて調査!

みなさまいかがお過ごしでしょうか? 仕事から解放された夜や休みの日など新型コロナウイルスさんのおかげでなかなか外にでるこ ...

続きを見る

-レンアイ漫画家

© 2021 ドラマと美容とトレンドblog