iPhoneを水の中に落としてしまった時の対処法とは?

この記事の所要時間: 217

iPhone水没

AppleのiPhoneが一時期に比べると落ち着いてきた感じはありますが、まだまだ人気であることは間違いありません。

日本国内だけだと2016年1月時点で50.3%はiOS利用者と言われています。

その中にiPadなども含まれていると思いますが、そのほとんどがiPhoneだと思われます。

そんな大人気のiPhoneですが、気をつけていても絶対起こるトラブルがいくつかあります。

今回は、トラブルの中でも「うっかり水の中にiPhoneを落としてしまった」時の対処法です。

iPhoneの水没対処法とは

1台10万円前後するiPhoneを水の中に落としてしまったら焦りますよね。

万が一、壊れてしまったら購入代金が無駄になりますし、そもそもiPhone

の中に保存しているデータが全て無くなってしまします。

考えただけでも怖いのでバックアップはこまめに取りましょう!

でもここでは壊れないようにするための対処法を掲載しときます!

対処1 iPhoneの電源を切る

iPhoneが水没してしまったら焦ると思いますが、そこは落ち着いて行動しましょう!

まずはiPhoneの電源ボタンを長押し電源を切りましょう。

もし終了できない場合は、ホームボタンと電源ボタンを同時に長押し強制終了させましょう。

対処2 iPhoenからSIMカードを取り出す

iPhoneピン

iPhoneの箱の中に同梱されている「SIM取り出しツール」を使ってSIMカードをiPhone本体から抜き出します。

iPhone側面に小さな穴があるので、そこにツールの先を押し込みます。

カチッと音がしてSIMカードが出てきます。

取り出したSIMカードは大事に保管しておきましょう!

対処3 iPhoneを乾燥させる

最後にiPhoneを乾燥させます。

ティシュや乾燥剤などを用意して本体を包みます。

完全に乾燥するまで数日待ちましょう。

その間は直接日光が当たる場所は避けた方がいいです。

くれぐれもドライヤーなどで乾かさないようにしましょう。

ドライヤーの熱でiPhone内の精密機器が壊れる可能があります。

iPhone水没対処をまとめ

iPhoneを水の中に落としてしまった時は焦らずに、1、iPhoneの電源を切る。2、SIMカードを取り出す。3、iPhone本体を乾かす。を行いましょう。

iPhone本体が乾いたら、抜いたSIMカードを挿し、電源を入れて確認です。

無事に復活することを祈ります!
iPhone修理のグッドモバイル