「Onkyo HF Player for iOS」アプリを使ってiPhoneでハイレゾ音源を聞こう!

この記事の所要時間: 524

onkyo-_hf_player01

国内では一部のマニアだけがこだわっていたイヤホンがイベントや有名人の使用などで、認知度が上がり高音質のイヤホンなど、こだわりを持つ人が増えてきました。

イヤホンの高音質化が進むと同時にハイレゾ音源の普及も以前に比べるとだいぶ進んできています。最近では国内外のアーティストが通常のCDアルバムを出すと同時にハイレゾ音源も発売するケースが増えてきました。

ハイレゾ音源の特徴はCDを遥かに超える情報量!

CD規格の16bit・サンプリング周波数44.1khzでは表現出来ない、またはCDに落とすときに削られてしまった音を聞くことができます。

ライブ音源では特に空気感がリアルに伝わってきます。

ハイレゾ音源の普及により、iPhoneなどでもアプリをインストールすることで手軽に聞けるようになりました。(本来の音質は別に考えるとして)

簡単にインストールして聞けるようになるiPhone用ハイレゾ音源プレイヤーアプリですが、音響機器メーカーの老舗「ONKYO」からも出ていますのでご紹介いたします。

Onkyo HF Player for iOSとは

「Onkyo HF Player」は、オンキヨーが、オーディオメーカーならではのクオリティを追求して開発したミュージックアプリです。高精度イコライザを装備し、MP3 やAAC などのベーシックなフォーマットのサウンドを高品位に再生します。
さらにFLAC やDSD などのハイレゾフォーマットの再生も可能な「HD プレーヤーパック(有料)」もラインナップ。再生される音源に合わせてお選びいただけます。

Onkyo HF Player for iOSの特徴

16,000以上の個別バンドを持ち、高精細なHDイコライゼーション操作ができるタッチ調整可能なリニア位相FIRイコライザで、あなたのiTunesライブラリの音楽をロスの少ない高品質な音質で自在にコントロールすることができます。
また、ユーザーがカスタマイズしたEQプリセットの名称の保存や、プロのミュージシャンが作成したイコライジングも選択可能です。

HDプレーヤーパック

HDプレーヤーパックを購入することでFLAC、DSD、192kHz/24bit WAVなどのハイレゾ音源をHF Playerで再生することができます。これらのハイレゾ音源は、iOS7以上のデバイスから”Lightning – USBカメラアダプタ”または”iPad Camera Connection Kit”を介してUSB DACに出力することができます。
DSDの外部出力に関してはPCM変換、またはDoP出力の選択が可能です。
※iPhone/iPad/iPod touch本体のヘッドフォン端子で再生する場合は、88.2kHz以上のコンテンツは44.1kHzにダウンサンプリングされます。
※HDプレーヤーパックはアプリ内から購入することができます。

1. 機能

•高精度イコライザ(16,384ディスクリートバンド、リニア位相FIRフィルタ)
•選択可能なHDイコライザモード(64ビット)
•自動アップサンプリング機能
•クロスフェード再生オプション
•アルバムアートワークや歌詞の表示
•リピート再生機能(1曲/同一リスト内)
•レジューム再生機能
•シャッフル再生機能(同一リスト内)
•著名なミュージシャン達がOnkyoヘッドフォンのために独自にイコライジングしたプリセットモード
•プレイリスト機能、「再生待ちリスト」への楽曲の追加で簡単に作成可能
有償版ではHDライブラリとiPodライブラリのコンテンツが混在したプレイリストを作成できます。
•リアルタイムDSD変換機能 (有償版、iPhone 5s以降の64bits CPU端末のみ対応)
•AirDropを使用したワイヤレスでハイレゾ音源の転送。
※iOS 8 以降を搭載したiOS端末およびMac OS X Yosemiteを搭載し、「Bluetooth 4.0」(BLE)に対応したMacが必要です

2. 対応フォーマット

•無償版(iPodライブラリ)
MP3/AAC/ALAC/WAV/AIFF (~48kHz)
※DRMで保護されたファイルは再生できません。
•有償版(HDライブラリ+iPodライブラリ)
上記のフォーマットに加え、
DSF/DSDIFF(2.8MHz/3MHz/5.6MHz/6MHz/11.2MHz PCM変換/DoP出力)
FLAC/ALAC/WAV/AIFF(~384kHz)
OggVorbis (~192kHz)
※これらのオーディオファイルは、iTunesの同期設定画面にある「App」タブ内の「ファイル共有」からHDライブラリに転送することできます。
※DSD11.2MHz以上の再生の推奨環境は、iPhone5S以降となります。
※HDライブラリにMP3ファイルを入れることはできません。

3. その他の制限事項

•iPhone4とそれ以前のデバイスでの再生におきましては、高度なHDイコライジングモード処理が要求されるため、スムーズに再生できない可能性があります。
•DSF、DSD-IFFなどのDSDフォーマットをDoP出力する場合にはイコライザ、クロスフェード機能は無効となります。また、周波数特性も表示されません。

言語:英語、フランス語、ドイツ語、日本語、中国語(簡体字/繁体字)

「Onkyo HF Player for iOS」アプリを使ってiPhoneでハイレゾ音源を聞こう!まとめ

Onkyo HF Playerは無料でダウンロードできますが、FLAC やDSD などのハイレゾフォーマットの音楽を再生するためにには「HD プレーヤーパック(有料)」が必要になります。

ハイレゾ音楽が手軽に聞けるようになってきているとはいえ、まだまだ敷居が高いです。

とはいえ、iPhoneでハイレゾ音源が聞けるようになることは音楽ファンとして嬉しい限り。

ハイレゾの本来の音を楽しむためにはiPhoneだけではなく別途コンバーターやヘッドホンアンプなどが必要になりますが、ここで重要なのはiPhoneでハイレゾ音源が聞けるようになるということ。

是非皆さんもハイレゾ音源を楽しんでみてください!